野良猫駆除で効率的な方法は

subpage01

野良猫の被害に苦しむ方は多く存在します。



時と場所に関係なく響く鳴き声や、所構わず糞尿をしたり毛の生え変わり時期には飛散したりで、対処には困ります。

@niftyニュースの情報をご案内しているサイトです。

どんどん増え続ければ地域にとっても大きな問題なので、野良猫駆除は早急に行う必要があります。野良猫駆除には、毒エサを用いる方法があります。


メリットはねずみやゴキブリなども駆除できるのですが、誤ってペットが食べてしまうと大変です。


それが他人の家のペットであれば問題にもなるので、設置場所には注意が必要です。

種類には、ホウ酸団子があり中にはすりおろした玉ねぎが入っており、猫にとっては有害なので効果もあります。


ただし、大きな問題がある事を頭に入れる必要があります。動物愛護法があり、正当な理由もなく無差別に動物の命を奪う事は禁止されているので、傷を付けたり、みだりに殺した場合には2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処されます。

よって、野良猫駆除といっても追い出して2度と近寄らない様にする事や保健所に依頼するのが一番かもしれません。
猫は縄張り意識が強く、寝床、食事場、社交場、トイレを決めています。



場所に対する執着が強いので様々な対策をしても、簡単に寄り付かなくなるのは難しくイタチごっこであるのも確かです。それでも根気強く危険な場所であると教え込む事で、悪い事を叱り学習させると寄り付かなくなります。
猫によってどれくらいの期間を要するか違ってきますが、駆除するのに抵抗がある方は、しつけをする方法が近道です。